以下は私が考案したシナリオです。とにかく慣れることが目的であることご了承ください。

 

 

セットアップ

基本的にルール通り。ただし、欧州の自由配置分は悩まないよう、以下の指定配置とする。

 

 ソ連:ポーランド2、オーストリア4

 アメリカ:フランス3、西ドイツ4 または フランス3、西ドイツ3、トルコ1

 

カード

オプションカードとなる#104以降は使用しない。つまり、#1~#35と#103の36枚のみ使用。

 

ゲームの長さ

 より初心者の側がソ連をまず担当して一戦。次に陣営を入れ替えてもう一戦。一戦は3ターン。

 

勝利者

二戦の合計点で判定。同点は引き分け。ただし、一戦の終了条件を満たさず、自動的勝利(敗北)となったら、その時点で勝利(または敗北)となる。

 

特別ルール

第1ダーンと第2ターンは、配られたカード中、得点カードが3枚ともあるならば、マリガン(カードの配りなおし)を要求してもよい。その場合、前ターンから持ち越したカードは配りなおしの対象にはならない。

第3ターンの最初の手番を終えたならば、手札に得点カードがあるかないかを宣言しなければならない。両プレイヤーとも最初の手番を終え、得点カードが手札になければ、ゲームはターンの終了を待たずに終了する。

 

中国内戦バリアント

使用しない。

 

選択ルール

より熟練者の方がソ連をプレイする場合、中国内戦バリアントを採用してもよい。

 

さぁ。とにかく プレイだ!